ブログトップ

カワセミ日和

Kの散歩


by cameraman_k

E-1Mmark2のISとC-AF

a0117507_23054247.jpg
a0117507_23055413.jpg
a0117507_23060925.jpg
a0117507_23064953.jpg
a0117507_23070807.jpg
a0117507_23072139.jpg
a0117507_23074876.jpg
a0117507_23080370.jpg
a0117507_23081943.jpg
a0117507_23083351.jpg
a0117507_23084551.jpg
a0117507_23090103.jpg
a0117507_23092945.jpg
a0117507_23094210.jpg
a0117507_23095742.jpg
a0117507_23101326.jpg
a0117507_23102971.jpg
a0117507_23104172.jpg
a0117507_23105513.jpg
2018_03_07撮影

昨日の記事画像はISはONで、本日分はISがOFFでの撮影。
ジャスピン率はISがOFFの方が断然いいが、手ブレが大きいと的(カワセミ)を外す確率が上がる。
ISがONだとファインダーが安定するのでカワセミを追いかけ易いが、
ISの作動によってC-AFが定まらず(ISの後追いか?)、近似値的なピンの連続となる可能性が高い。
ISがOFFだとC-AFへの影響が無くなるのでピンが来やすくなるみたいです。
それと、ISがOFFの方が有利な事が1点。
IS設定のところで(C2)、「IS優先・連写速度優先」をIS優先にすると連写枚数が大幅に減る事が有る。
また、初期AFがまごついて遅れる事も有る。
ちなみに、「レリーズ優先C」(C1)は常にOFFを選択しています。
ISとC-AF併用で演算するのにCPUが処理しきれないのか、ISとC-AFが共振しているのかわかりませんが
私の使用感ではこんな感じです。
余裕のある時はISはOFFで、取り敢えずそのシーンを抑えるならISはON。
当分の撮影スタイルはこれで行こうと思っています。



[PR]
by cameraman_k | 2018-03-08 17:00 | Comments(0)